but Iを「バダイ」about a「ァバウダァ」と言ってませんか?

多くの方が中学校・高校時代に受けた英語教育では、発音記号に重点が置かれず、

単語、文法、用法暗記が主流となっています。

 

英語の発音は日本語で言う「カタカナ」での暗記がほとんどで、それゆえに下記の

「but I」を「バダイ」、about a「ァバウダァ」と発音するひとが多くなっています。

 

過去テレビコマーシャルでも話題になった「掘った芋いじるな」「what time is it now?」

も象徴的ですよね。このようなカタカナ英語発音をしている限り、スムーズな英会話コミュニケーションは不可能です。

 

今回はこの「but I」と「about a」を例に発音について考察していきます。

 

多用するフレーズこそ丁寧に

 

画像

 

「but I」が読めない、というひとは、おそらくヒデイングリッシュのホームページを見ているレベルの方ではいないはず。

でも、「正しく読めているか」つまり「正しく発音できているか」についてはいかがでしょうか?

 

but Iは発音記号で表記すると bʌt ɑɪ になります。

 

実際に音を聞いてみましょう。

 

 

 

 

「つながって一語に聞こえます」と説明している本もあるようですが、「t」はbutterbʌ́tɚと同じくʌをしっかり発音して「t」では空気を溜めます。そして二重母音ɑɪに行くのが本来です。

t」は無音なのですが舌をちゃんとその位置に持っていかずに、カタカナで「バダイ」は既に別の音です。

 

「~について」

about aəɑ́Ut ə

最初のaは省略、脱落するという説明が多いようですが、昔習った曖昧母音ですね。

なので息の量は弱いですが発音はされています。

後半のabouta(tə)は先ほどと同じく「t」で息を溜めて曖昧母音əに行きます。

 

t」「ɑɪ」舌の作り方

 

「アメリカ口語教本」などでは舌先を上の歯の根元にベタッと付けていますが実際は舌横全体で上の歯に蓋をする

感じで舌先の裏は上の歯の裏に触れます。

次の発音記号を丁寧に発音する

辞書を相棒に発音記号を調べ、忠実に発音練習する。

「日本語とは違う音なんだ」と言い聞かせ研ぎ澄ます。責任は自分にしかありません。

 

トレーニングしつつ、例えば交流会で聞き返された箇所の単語帳を作るなどをやるとイイと思います。

時間をかければちゃんと発音に反映されます。

ここで「レバレッジ」だとか「効率」って口から出ちゃう人はマズいですよ。

覚悟もなく「もっと楽にできないかな?」って考える人かもしれません。

 

もう一つの注意事項、比較練習やリンキング練習では、それっぽく聞こえることを目的にしない、音を寄せないようにしてください。

実は、日本人であるあなたが「英語っぽい音」と感じても通じやすくなるかどうかは別問題です。

発音練習はネイティブに通じる確率を上げるのが目的なので結局、発音記号通りに音を出す方が近道になります。しかも、このトレーニングの素晴らしい点は日本に居ながらできることです。

ある程度準備できていると、その分渡航後に時間を取られることはありません。

結局、「あなたの英語発音の柱を作って海外に行きましょう!」ってことです。

 

もしあなた自身に英語発音の型が無ければ、耳にする英語の訛りに気付けず、話者の出身地の発音に引っ張られ翻弄され続けます。

おススメしたいのは、ぼくら日本人に馴染みのある米語発音です。

きっと型は作りやすいはずです。

 

録音しネイティブの音声と比較しまた練習する

指導を受けている方、教本で独習している方は「舌や口、顎位置が整ってきたぜ!」と感じたら、英語の強い音やリズムを再現できるかをチェックするために、録音して聴いてみましょう。

発音記号を振ったスクリプトにしるしを付け、僕らが持っている日本語のリズムと英語のリズムのズレを視覚的に理解したうえで再現練習を繰り返します。

もし、再現しにくいリンキングペースや音節を見つけたらそこを潰していきます。

ここまでくると個々の音は簡単に再現できる筈です。

リスニングは耳の良し悪しではなく自分で丁寧に音を作って音をヒットさせられるかどうかがポイントです。

その繰り返しです。

きっと数年で英語を発音するのをホントに楽しめているはずです。