Youtubeや福岡市内の書店でも徐々に英語スピーキングや英語の発音への言及や書籍も増えてきています。

日本人はカタカナで英語を話せばいいと主張する方もいますが、そういう方は往々にして、英語力を補って余りある専門性や能力などをお持ちだったりするんで素直に信じると危険です。

そもそもそんな方は発音が多少変でも聞き手が発音の不備なんか問題にもしないからです。

 

一方、一般人だとアメリカなどで何となく感じる「あ、コイツの英語分かりづれぇ」といった発音差別や非白人間で人種差別も存在していることは知っといたほうがイイです。

 

今回は海外に行く予定のない方でも、資格試験で整理した知識や既に持っている知識をさらにリスニングやスピーキング力にブラッシュアップしたら効率良いし、あなた自身を助けることをお伝えしたいと思います。

 

英語の発音は「発音記号をベースに!」カタカナ英語はいずれやり直す羽目になる

 

 

みなさんよくご存知の単語を発音面から見てみましょう。

took ×ウッ ○U
talk ×オー ○ɔ:

heat ×イー ○i:
hit ×イッ ○ɪ

 

これらの音がカタカナ表記でギリギリ使い分けできるところでしょうか。
まぁ、学校で音声指導がちゃんと行われていないのでカタカナになってしまうのも仕方ありません。

更に、英語を再現するための口や舌の説明ができない先生方のスキル不足もこの循環を固定してきた事実もありますし…

皆さんには「発音記号が読める→発音が徐々に整えられる→=ブレイクスルーが起きる!」とお伝えしておきます。
良い書籍が出ているので工夫次第で学習できますよ!と。いまならやり直しできますよ!と。

 

遠回りに感じても英語力は精読⇔リスニング(発音)➜スピーキングの順が楽

 

最近、発行される書籍やYoutubeを見ていると以前のネイティブ発信の英語発音本に比べ格段に日本人向けになっています。

僕なんか最初はアメリカ人が書いたアメリカ人用の教本で、教えるのはイギリス人という今考えると「やってる感だけの授業」。だから「今はとても学習しやすい状況だなぁ」と感じます。

 

現在は高校で発音記号を学習するようですが、体得するまでのトレーニングはやらず、自分の高校時代と大差ないみたいですね。でも、読解は十分やっているでしょうからプラスして発音記号覚えてリスニング練習から始めればイイだけってことになります。

 

通常「読解」し意味が分かったものを何度も「リスニング」練習して瞬時にイメージ理解することを目指すのですが、音に関してはスペルから音を適当に想像する推測聞きになっちゃいます。

そこを改善するために「発音記号」を学ぶ訳です。

発音記号が無いと音声習得の面から見ると、「音の判断基準がないので適当にトレーニング」をしているのと変わりません。
スポーツでは映像で自分のフォームなどを確認しながら修正していきますが、その映像も無しにやみくもにフォーム矯正をしているようなイメージです。

次回も発音記号の事を具体的に説明していきます。

 

福岡市の英語発音矯正はヒデイングリッシュ

 

ヒデイングリッシュでは「ネイティブ英語が自然と聞き取れる、ネイティブに正しくストレスなく伝わる」をテーマに英語トレーニングを行っています。そのために必要なことはたった一つ、カタカナ英語ではなく発音記号を元にした発話です。

元D&Gマネージャーで英語コーチの前田秀幸があなたの希望、ライフスタイル、ペースに合わせてパーソナルプランを作成します。ホームページからお問い合わせの方限定で、通常1回5,000円(60min)を無料でご体験いただけるお得なプランをご用意致しております。ご希望の方は下記よりご連絡ください。

 

Contact