2000年以降グジュアリーブランドが「大衆を取り込み戦略」発動して後、ファッションパラダイムは変わりました。個性的なセレクトショップも消耗品の集積場となり、百貨ブランドは自信や情報のない人を褒め倒し持ち上げることで売上を立てています。現代の百貨店は無価値です。山形県は日本で唯一百貨店の無い県となり徳島県もそれに続く予定です。今後も百貨店は減り続けるでしょう。

 

不要ですから。その日の売上を立てるだけで精一杯の店舗を信頼なんて出来ます?素晴らしいサービスの提供を期待出来ますか?

ファッションも買う場所、買い方で消費者としての知見や成熟度が問われる時代になったのかもしれません。「あそこで買ってればカッコいい。失敗はない。」そういう価値観は無くなりつつあります。明治以来、服が階級や所属を示す「社会性を示すツール」→人を過剰に意識してどう見られたいかの自己表現ツール戦後~バブル期→「その人が他者との関係性を作る際の思考」と変わってきた2010年以降。

 

細かく言うと2000年代のファッションは帰属先を示すという機能はありました。森本容子さんに象徴される109がまだ伝説的な売上を叩いていた時期で、あのビル自体がその集団に帰属したい人たち「社会性を示すツール」でした。あのブランドの人たちの休憩バッグは気合が入ってて気持ち良かったです。ハイエンドブランドは啓蒙型のビジネスで顧客リピート率を上げる戦術を駆使し、来たるべき中国市場の参入準備をしたたかにしていました。とあるブランドの入社時に本国の人間と話したことが今でも頭に残っています。数万円の小物から顧客化を進め他の消費を自社ブランドに集約させる手法は本当に効果的でした。大きく変わったのはサブプライム、リーマンショック後です。

 

ハイブランドが全ての元ネタなのは今も変わらない

 

中間層が減った現代。時代を象徴するデザイナーは変わりますが、彼らが才能を駆使し世に発信したコレクションは未だ高い価値を持っています。なぜかというと時代をサラッと的確に捕え、自己表現も作品に込めた上で創るから。コレクションをパクっただけの企画や名前借りのライセンスブランドにはそもそも、形のないものを造形する能力も才能も不要です。そこに気付く人が増えたことも百貨店アパレルの不振の原因です。自分の培った知性や感覚で『モノ』に構えず対峙できる人が増えたのです。

もはや『新しい!楽しい!面白い!』と感じられないものには価値はありません。

 

そのことは消費者の知見が問われる時代においては、あなたがどこで服をって服に対してどんな思いを持っているかを判別すること=友人や人づきあいの選別基準といても使えます。例えばコレクションを表面上(シルエット、サイズ感、パーツなど)をコピーした商品を着ておしゃっれっぽく見えるし…と安心して「事足れり」と思うのなら、上っ面だけの本質が分からない中身のない人だと思われるかもしれません。あるいは「俺ファッション分かんないし…外見より中身だろ」と、人がどう見るかを一切考えない配慮に欠ける人だと判断されるかもしれません。

 

2000年代と異なるのは、たかが服があなたの知性や世の中に対する感度を示すツールとなりつつあることなのです。

 

man in black Givenchy sweatshirt standing beside of post in front of Strek store during daytime shallow focus photography

 

 

国産系の百貨店ブランド。

オンワード樫山、三陽商会、TSホールディングス、ワールドが手堅くおすすめです。それぞれ対象となるブランドを掲載します。

 

20〜30代

 

TAKEO KIKUCHI(タケオキクチ)/ワールド

DCブランドの先駆けとして50後半〜 60代には馴染みのあるブランドです。今ではセレクト感の強いメーカーと言った面持ち。

社員がお洒落を楽しんでいる感が他の総合アパレルよりも圧倒的に強い事からも分かるように、スーツに関してもビギナーモデルからファッション高感が高い方まで

他のメーカーよりも間口は広い。ちょっと違ったスーツ選びやさり気なく自己主張したい時はここのスタッフのファッション屋としての自負が頼りになるでしょう。

ここのスーツフェアはメーカーの思い込みに振れ過ぎず、時代感を的確に捉えて開催されているので楽しいと思いますよ。

 

日本

価格帯:40,000〜60,000yen

 

30代〜40代

 

Paul Stuart(ポールスチュアート)

アメリカ

ブルックスブラザーズ、ラルフローレン同様にアメリカ由来のブランドで、満州事変の頃の創業です。

元は弁護士やエスタブリッシュメントの服といった背景を持ち、ニューヨークでは英国、イタリア生地を揃えてのクラシック&モダン、

三陽商会が展開する日本では尾州生地などを使用したシャープ&モダンに見せることに注力しています。

ただ細いだけのスーツに比べ、背肩からウエストのシェープでセクシーに見せるだけでなく、色気とシャープさが生地の体への馴染みから

動きや仕草の変化が期待できます。生地表面の表情も相まって着心地、シャープさ、色気、貫禄を両立させたい30~40代にお勧めのスーツです。

 

 

 

価格帯:70,000〜100,000yen

 

 

 

 

40〜50代

 

MACKINTOSH LONDON MEN(マッキントッシュ ロンドン メン)

イギリス

価格帯:80,000〜120,000yen

 

防水技術が未成熟な時代にゴム引きコートを開発したことで有名な「マッキントッシュ」を冠したライセンスブランドです。

ここの強みは日本人の体系を熟知し認定工場を設定するなど妥協を許さないモノづくりにあります。

ビジネス用として抑制的なニュアンスが出るので日本人向きだと思います。

良くも悪くも日本人的な思考の縫製なのでイタリアのファクトリーっぽい縫製を過剰に好む方はご注意ください。

付け加えますと、お顔が時計の貫録にも負けない世代なので30代ほどブランドは気にしなくて良さそう。ファクトリー系ゼニア、ロロピアーナなど知性を感じさせる所がいいですね。ブリオーニなども。

モード系は自営、クリエイティブ系におススメです。新生セリーヌ、プラダ、ディオールオム…買っちゃいけないのはディーゼル、タケオキクチ、コムサ系、エンポリオアルマーニなど業界の人間が聞くと地方の人間御用達、若作り、なんちゃってブランドとのイメージがある為。

 

個人的に思うのは人から見られることと、周りの方が自分に持つであろうイメージを損なわないこと。具体的には着たいアイテムからのコーデ組みではなく、緊張感の演出+時代感など全体から決める方がまとめやすいと思います。

 

 

全世代

UNIQLO(ユニクロ)/ファーストリテイリング

日本

価格帯:15,000〜30,000yen

 

 

ユニクロ一択。自主編集できるスキルがある人ほど使いこなせるのがユニクロです。ファッション猛者なんで色んなアイテムもお持ちでしょうからインナー、小物と使い分けして目に付くところはユニクロがおススメ。「どこの?」「ユニクロっす」→素直なかわいいヤツと勝手に思ってくれる確率↑。素材、シルエット、サイズ感まで見れるならスーツ(JK, PT)までユニクロ。30代の方ならこだわりアイテムを小物、アクセ使いで合理主義者、「中途半端なものは買わん」と目利き感も示せる可能性↑。時計は一強主義で行くのかまあまあ主義で行くのかかなり業種、立ち位置で異なる所なので要相談。ご連絡ください。