意志力について

 

成功するために必要な粘り強さ=自制心はどこから来るのか?

具体的には感情を抑える力、自分自身を行動させる力、望む力であり、長期(先を見通す)スパンで考える力のことです。

課題処理など「今はやりたくないな」と感情を優先してしまい、今やらないと後で苦労することが分かっていても先延ばしすることも意思力の弱さの表れです。

やりたくないのに無理矢理意思力を消耗し、モティベーションを上げて自分を奮い立たせて行動しようとするのは結果が出にくいです。それは意思力が有限だからです。

 

脳の進化と意志力の鍛え方

 

 

「人類が進化するにつれて脳も大きくなりましたが、脳の中身が一変したわけではありません。」

人類が生存するのに必要であった原始的な脳(中脳)「衝動と本能のシステムがすでに存在するところへ、自己コントロールのシステム(前頭前皮質)が付け加えられたのです。」

我々はあとから出来た自己コントロールのおかげで衝動を抑制する機能を獲得したのです。

これが意志力です。(前頭全皮質が備わって何百万年)

 

「ジャグリングを習っている人の場合、脳の中では動く物体を追う領域の灰白質が増加します。脳の領域感の連絡も密になり、情報をより早く共有できるようになります。」

繰り返し集中を行えば、集中しやすい脳になるというわけです。

意志力のトレーニングとしては、「断酒」と掲げ、目に付く場所に酒を置いたり、家事を徹底して行ったり、早めに税金を払ったり障害をクリアしていくものがあるそうです。(クリア癖?)

食事の最中「量が多いな」と思っても食べられるから全部食べてしまうのではなく、お腹がいっぱいになった時に食べるのをやめ満腹になるのを避ける。

 

ケリー・マクゴニカル氏によると「瞑想を行うようになると、脳が瞑想に慣れるだけでなく、注意力、集中力、ストレス管理、衝動の抑制、自己認識といった自己コントロールのさまざまなスキルが向上します。瞑想を定期的に行えば、たんに瞑想がうまくなるだけではありません。やがて脳はすぐれた意志力マシーンのように発達します。定期的に瞑想を行う人の場合、前頭前皮質や自己認識のために役立つ領域の灰白質が増加するのです。」

 

意志力は消耗する

 

【ラディッシュ実験】

A, B 2つの被験者グループの目の前に、「クッキー」と「ラディッシュ」をおく。ラディッシュを食べることを要求された被験者Bグループは、クッキーの誘惑に意志の力で勝たなければないという実験。その後パズルを解かせる。

 

【結果】

ラディッシュを食べてもらったAグループの学生(=意志力を使った学生)は、クッキーを食べてもらったBグループの学生(=意志力を使わなかった学生)よりも、パズルへ取り組んだ時間が60%短かった。

 

ケリー・マクゴニカル スタンフォードの自分を変える教室  より

 

 

意志力を使わない方法

 

 

習慣化

 

毎日、学習すれば良い人生を送れるのは分かっていても、なかなか仕事の後は疲れて本が読めないとか、モティベーションでテンションを上げて行動するのは難しいです。

例えば、いたる所に本を置いたり、工夫して本に手が触れる状況を作り出すことが第一段階です。

音声があるのなら持ち歩いて耳から内容を取り入れたり、工夫の余地はあると思います。

英語学習が上手くいっている人の意思決定基準を採用する

あれこれ考えずに「自分もそうしよう!」というのも意志力をつかわずに済みます。

注意点は行動する時に頭を使わないように単純化、マニュアル化して迷いが無いようにしておくことです。

 

世界観の修正

 

行動できない自分はダメだ!などの価値観は行動できなかった自分に対して自己否定にも繋がりやすく自身をモティベーションを上げたりして行動しようとするサイクルにハマると意志力の消耗に繋がりやすいので注意してください。

失敗したときにも「失敗は当然だし一発で上手くいく訳ないから」と言う世界観の人は証明型とならず自己卑下もすることもないので楽しく成功しやすいです。

 

環境の力を使う

 

同じ志や目的を持った人間のコミュニティへの参加などは、皆が同じ方向を向いていることで行動を習慣化したり考え方や行動も「皆がそう考えるなら」「皆が沿う行動するなら」と環境の力で流れに乗りやすく行動を起こしやすくなります。

「お金の心理学」の4か月目より

 

「お金の心理学」オンライン説明会

 

 

各種お問い合わせは下記メール、またはTwitter、Instagramよりお寄せください。

 

Mail:info@hpsyche.com

Twitter:https://twitter.com/hdy_fukuoka

Instagram:https://instagram.com/hdy_fukuoka